TinyWebDB API 0.2.2 Release

Published by:

TinyWebDB API 0.2.2 Released.

Release Note

Re-write code with oo-calss style. and change from full get_post object to post_content only.

WordPress Plugin

AppInventor TinyWebDB Demo App

Change Log

0.1.0

Start TinyWebDB API plugin.

0.1.3

First alpha release which implemented Get Value Action.

0.2.0

Release which implemented Get Value Action with API Key. Add test URL on admin menu.

0.2.2

Re-write code with oo-calss style.

Free Hostinger Hosting

Published by:

Hostingerでは、無料、広告なしで容量2000MBのサーバーをレンタルすることが可能です。もしも無料プランが物足りない場合、有料プランに変更することも可能です。ただ、月に100GBの転送量なので、将来有名なサイトやブログになった場合に少ない可能性があります。
その場合は有料プランに申し込めばいいのですが、その時にもっと良いレンタルサーバーが出ている可能性もあるので、独自ドメイン(有料)を取っておくと、サーバーを変えても、そのままのドメインで運営することが可能です。

Hostingerに登録する

では、Hostingerに登録してみましょう。まずはこちらのサイトをみてください。

HostingerにWordPressをインストール

では、HostingerにWordPressをインストールしてみましょう。

メニューから「レンタルサーバー」を選択し、自分のドメインをクリックすると、自動インストール機能という項目が出てきますので、それをクリックします。様々な項目がありますが、その中からWordPressを選択します。

 

Free WordPress.com Service

Published by:

とりあえずブログを始めてみたい。ブログエンジンは人気のWordpressを使いたい。しかし、サーバを借りてWordpressをインストールして環境設定するなんて面倒臭くて、それだけで心が折れそうだ

「Wordpress.com」というサービスを利用すれば、10分でブログを始められる。

WordPress.comって??

WordPress.comはWordpress開発チームが運営するサービスです。

https://ja.wordpress.com/

  1. WordPress.comの特徴
  2. 無料版プラン選択できる
  3. 通常のWordpressと同一のエンジン
  4. 豊富なテーマが選べる
  5. ウィジェットでブログをカスタマイズ
  6. SNSなどの外部サービスと連携

プランは4種類あり、無料プランと3つの有料プランから選択することができます。以下は比較した表です。

無料 パーソナル プレミアム ビジネス
価格(月額) 無料 360円 983円 2,983円
独自ドメイン ×
サポート コミュニティーフォーラムのみ メールとライブチャットサポートに対応 メールとライブチャットサポートに対応  メールとライブチャットサポートに対応
CSS編集  × ×
容量  3GB 6GB 13GB 無制限
WordPress.com広告表示  必須 非表示  非表示  非表示
収益化  × ×  ◯  ◯
アナリティクス導入  × ×  ×  ◯
フッター非表示  ×  ×  ×  ◯

もちろん機能制限はある

無料版プランの場合、色々と制限がある。

  1. ・プラグインが自由に導入できない⇒ウィジェットとして提供されているものだけ
  2. ・レイアウトの自由度は下がる⇒年間$30でCSSやフォントを弄ることはできる
  3. ・テーマはWordpress.com提供のものだけ⇒第三者が公開しているWordpress用テーマは使えない
  4. ・Googleアナリティクスが導入不可⇒Wordpress.com独自の統計情報は見れる

より高度なことをしたくなったら、プラグインインストールに対応するビジネスプランに変更するか、自前インストール型に乗り換える必要があります。

とりあえず始める

とりあえず無料で始めて軌道に乗ってから有料を検討する。

用意するもの

  • メールアドレス
  • ユーザID (Login ID)
  • サイトID (<id>.wordpress.com)

WordPress.comのJetpack、Photonなど、インストール型にも活用できる。つまりアカウント作る手間が、無駄ではない。

WordPress Self-hosting

Published by:

WordPressのダウンロード方法及びインストール手順について簡単なリスト

WordPressのインストール環境整備

WordPress 日本語版の推奨動作環境

  • PHP バージョン 5.6 以上
  • MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

古い PHP や MySQL しか利用できないレガシーな環境でも、PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作しますが、公式サポートは終了しており、サイトがセキュリティの脆弱性にさらされる危険があります。

テスト用、自宅サーバー用などにローカル環境を構築する際に参考になるリンクです。ローカルマシン上に PHP、Apache、MySQL の環境設定が必要です。

もしホスティング提供者 (レンタルサーバー) を使っているなら、すでに WordPress 用に設定されたデータベースや簡単インストール用のツールが用意されているかもしれません。ホスティング提供者 (レンタルサーバー業者) のサポートページや管理画面で、手動でインストールする必要があるかどうかよく調べてみて下さい。

下記のいずれのケースに推奨動作環境を用意してください。

  • ローカル環境へのインストール(Windows)
  • ローカル環境へのインストール(Mac の OS X )
  • ローカル環境へのインストール(Linux系列)
  • ホスティング提供者 (レンタルサーバー) へのインストール

それに合わせて、WordPress 用データベースとユーザを作成

例:

データベース名 : wpdb
ユーザー名     : wpadmin
パスワード     : password
ホスト名       : localhost

上記情報メモして、WordPressのインストール際使う。

WordPressのダウンロード

WordPressのダウンロードから行います。次のURLから開始します。

 

ファイルの配置

ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルとなっています。解凍した上で使用するWebサーバへ配置します。配置したファイルはインターネット経由でアクセスできる位置に配置して下さい。WebサーバとしてApacheを使用しているのであればドキュメントルートの直下、または任意のディレクトリを作成して配置して下さい。

ダウンロードしたファイルは元々「wordpress」というディレクトリの中にファイルが含まれていましたので、今回はローカルで動作させているApacheのドキュメントルートの下にそのまま解凍して配置しました。

今回のように「wordpress」と言うディレクトリの中にWordPressで使用するファイルを格納すると、作成したブログのURLは「http://localhost/wordpress/」のような形式となります。

WordPressのインストール

ブラウザで「http://localhost/wordpress/」へアクセスして下さい(URLはWordPressのファイルを配置したWebサーバのURLやディレクトリに合わせて変更して下さい)。

この際画面の指示に従って、インストール環境整備で作成したWordPress 用データベースとユーザ名など入力する

例:

データベース名 : wpdb
ユーザー名     : wpadmin
パスワード     : password
ホスト名       : localhost

これで WordPress はインストールされたはずです。

WP- REST-API 入门

Published by:

1.首先需要在你的wordpress里所需要安装的插件

①  WP REST API

2.编辑完所有用户之后,需要去下面这个地址下载插件,帮助认证(授权)用户

https://github.com/WP-API/Basic-Auth

3.在这个网址里下载软件名Postman(导出用户的数据用)

https://chrome.google.com/webstore/category/apps

在GET开始的地方添加你的wordpress的网址加users(用户)

例如:我的网址http://tinydb.host/lxx0614/wp-json/users

点击Authorization(授权)在它下方 Type选择Basic Auth(基本认证)

然后输入用户名和密码

 

最后点击 send    哇哦~你成功了吗~用户数据就这样被你导出来了、你真棒!

提取单个用户的方法:

http://tinydb.host/lxx0614/wp-json/users/加要提取的ID号

例如http://tinydb.host/lxx0614/wp-json/users/4

WordPressの添付ファイルの差替え

Published by:

国際会議のサイト構築の担当になり、WordPressで構築した。

CFPなど、いくつPDFの添付ファイルがありました。そのPDFファイルは結構頻繁に更新する。

更新するファイルをもう一度添付すると、URLが変わり、本文からのリンクも直す必要。手続き面倒な上、そもそもURL変わる自体も好ましくない。

たまたまEnable Media Replaceというプラグインに出会った。

https://wordpress.org/plugins/enable-media-replace/

ファイルをアップロードするだけで差替えるので、簡単そう。

Enhanced photoblog

Published by:

Project Title. Enhanced Photo Blog publisher

Elevator Pitch. “Easy Photo Blog publisher” is easy way to make a photo blog to own WordPress site, this cloud app enhanced with addtional post viewer, custom Auth UI with base64 encode implement.

Description.
The Easy Photo Blog publisher is a mobile app that make easy to publish a post with photo to self hosted WordPress site.  Enhanced Photo Blog publisher was enhanced with following funtions:

  1. A post viewer for you browse recent posts.
  2. A custom Auth UI let you manage a WordPress REST API service lists.

The app’s social benefit comes from its ability to make a quick post, and improve later, give a motivation to help user more publish. Also this a good example to use WordPress REST API.

2015-12-11 13.51.55

Download and Test. Because this is a app using WordPress REST API, the only way to fully test its functionality would require using the WordPress REST API powered Blog site. You can feel free to use my test site. To download the app, scan the QR code to the left with the MIT AI2 Companion app or some other Scanner or click on this download link.

PhotoBlog2_V2-download

a screen shot show a post on WordPress REST API powered Blog site.

2015-12-11 13.54.22
Technical Description. As shown in this screenshot, the app exceeds the project’s minimum technical requirements. It contains 2 global variables, 4 list data, 2 procedures or functions, and 2 if/else structure.

PhotoBlog2-blocks2

Appendix.

WP REST API web service

The WP REST API is a WordPress plugin that intends to be eventually integrated into WordPress’ core as another (big) step towards transforming WordPress from a blogging platform/CMS into a fully fledged application framework.

To start a service, you have own a own WordPress site, and use 2 plugins:

  1. WP REST API plugin, install and active (schedule uptake to core WP 4.4 and WP 4.5)
  2. BASIC Auth plugin, git clone https://github.com/WP-API/Basic-Auth basicAuth,  and active.

 

tinywebdb-base64 web service

WP REST API provide OAuth 1.0a and Basic Auth algorithm. Currently it is no way to use OAuth 1.0a on App Inventor, so I use Basic Auth on this app. Because , I create a tinywebdb-base64 program, which use App Inventor Tinywebdb feature to get value = base64_encode(tag) . You need install tinywebdb-base64 program on your server and set URL to program. You can feel free to use my tinywebdb-base64 web service.

Photoblog

Published by:

Project Title. Easy Photo Blog publisher

Elevator Pitch. This cloud app pickup a photo from device’s image gallay, save the photo on self hosted WordPress site as a media file,and create a post with the media file attachement.

Description.
The Easy Photo Blog publisher is a mobile app that make easy to publish a post with photo to self hosted WordPress site. To make a post, user could follow steps:

  1. Type the post title
  2. Pickup a photo from device’s image gallay.
  3. Press “Post to madia” button to save the photo on WordPress site as a media file
  4. Type the post main content
  5. Press “Post Blog” to create a post with the media file attachement.

the app is easy way to make a photo blog to own WordPress site.

The app’s social benefit comes from its ability to make a quick post, and improve later, give a motivation to help user more publish. Also this a good example to use WordPress REST API.

screen1

Download and Test. Because this is a app using WordPress REST API, the only way to fully test its functionality would require using the WordPress REST API powered Blog site. You can feel free to use my test site. To download the app, scan the QR code to the left with the MIT AI2 Companion app or some other Scanner or click on this download link.

apk-download

a screen shot show a post on WordPress REST API powered Blog site.

2015-12-10 07.51.15
Technical Description. As shown in this screenshot, the app exceeds the project’s minimum technical requirements. It contains 2 global variables, 4 list data, 2 procedures or functions, and 2 if/else structure.

blocks2

Appendix.

The WP REST API is a WordPress plugin that intends to be eventually integrated into WordPress’ core as another (big) step towards transforming WordPress from a blogging platform/CMS into a fully fledged application framework.

WP REST API provide OAuth 1.0a and Basic Auth algorithm. it is no way to use OAuth 1.0a on App Inventor, so I use Basic Auth on this app. Basic Auth use base64 encode and not way to do on App Inventor, so on this app, just use a global variable to store a text which already encoded auth text.

Skip to toolbar