About

ESP8266 & Android

ESP8266 Develop Boards

 

ESP8266 Maker

ESP8266は上海に拠点を置く中国企業Espressif Systemsによって製造されている完全なTCP/IPスタックとマイクロコントローラを備えた低コストの小型Wi-Fiモジュール[1]

このチップは2014年8月にサードパーティの製造元であるAI-ThinkerによってESP-01モジュールが発売されたことで欧米のメイカーの関心を集めた。この小さなモジュールはマイクロコントローラからWi-Fiネットワークに接続し、ヘイズスタイルのコマンドで簡単なTCP/IP接続を行うことができる。しかしながら、その当時はチップと受け付けるコマンドに関する英語のドキュメンテーションがほぼ存在しなかった[2]。非常に低価格であり、外付け部品が非常に少ないという事実から、大口では非常に安価になるであろうことが予想され、多くのハッカーたちを中国語のドキュメンテーションの翻訳だけでなく、モジュール、チップ、そしてソフトウェアの解析に惹きつけた[3]

ESP8285は1MBのフラッシュメモリを搭載したESP8266であり、シングルチップのデバイスをWi-Fiに接続することを可能にする[4]

これらのモジュールの後継はESP32である。

Specification

*いくつかのデバイスではオーバークロックすることによりCPUとフラッシュメモリの両方のクロックを倍にすることができる。CPUは160MHz、フラッシュメモリは40MHzから80MHzに高速化できる。成功するかはチップにより異なる。