IoT-Cloud-Mobile Kit

IoT-Cloud-Mobile Kit

IoT-Cloud-Mobile実験セット

第一工業大学・ユビキタス 研究室

(ESP8266 + OLED + BMP280)

簡易のTinyWebDB APIを利用して、クラウドの構築、モバイルのクラウド接続、IoTデータの送受信など実験できる。

特徴

  1. IoT : Arduino ベース、センサー、WiFi通信、OLED表示装置内蔵
  2. Cloud : WordPress ベース、簡易クラウドサービスを構築
  3. Mobile : App Inventor ベース、簡易スマートフォンアプリ開発
  4. Protocol : TinyWebDB ベース、簡易通信プロトコル

機能

  1. IoT装置 : で温度、気圧計測、表示
  2. Cloud : データ蓄積、通信仲介
  3. Mobile :データ観測、IoT装置制御(LED On/Off)

クイックスタート

TinyWebDBクラウドの構築

  1. サーバを用意する(C9, Hostinger, など), URLはhttp://tinydb.work とする。
  2. WordPressインストール
  3. TinyWebDB APIプラグインのインストール&アクティベート

この場合、TinyWebDB APIのURLは、http://tinydb.work/apiになる。

IoTデータの送受信実験

  1. IoT-Cloud-Mobile実験セットを用意
  2. Arduinoを利用して、実験スケッチを書き込み
  3. WiFi接続の設定
  4. OLED画面から、装置のIP, 現在の温度、気圧を確認
  5. 温度、気圧のデータは、TinyWebDB クラウドに記録することを確認

モバイルのTinyWebDB APIクラウド接続

  1. App Inventor でTinyWebDBを利用するアプリを作成
  2. TinyWebDBのURLは、http://tinydb.work/apiと設定
  3. アプリは、TinyWebDBクラウドの温度、気圧のデータ読み込みを確認
  4. On/Offボタン操作で、TinyWebDBクラウドに書き込みを確認
  5. On/Offボタン操作で、IoT-Cloud-Mobile実験セットのLEDの点灯、消灯を確認

IoT-Cloud-Mobile実験セットを利用して、その他にもIFTTT, Thingspeakとの連携も可能である