Github

GitHubとは

GitHubはバージョン管理システムであるGitの機能を備え、ソーシャルコーディングの概念により、複数人でのソースコードの管理を念頭においています。

ファイルの細かい変更点をcommit messageとして残せるし、issues機能を使って課題や進捗状況を把握することもでき、乱雑になりがちなファイルを簡単にリポジトリと呼ばれるフォルダの下で管理することができます。

そして学生、教育機関の関係者であれば2年間、5つの非公開リポジトリを作成することができるので、まずは登録をしてみましょう。草を生やすことに謎の達成感を得ることができます。

URL: GitHub: https://github.com/

 

GitHub 機能

GitHubは、ソフトウェア開発のプラットフォームであり、ソースコードをホスティングする。コードのバージョン管理システムにはGitを使用する。Gitを使うときめ細かい…粒度の小さい…変更の記録ができるので、まったくの初心者でもあるいはエキスパートでも、世界のもっとも偉大なデベロッパたちの足跡を踏みしめることができ、彼らがプログラミングの難題をどうやって解いたかを知ることができる。

GitHubの最大の目玉機能がフォークプルリクエストマージです。あなたがプルリクエストを送ると、プロジェクトのメンテナはあなたのプロフィールを見る。そこには、あなたがGitHub上で行った寄与貢献(contributions, コントリビューション)がすべて書かれている。あなたのパッチが受け入れられたら、あなたはオリジナルのサイト上で信任を取得し、そのことがあなたのプロフィールにも載る。メンテナがあなたのプロフィールを見るときそれは、あなたの評判を知るための履歴書のようなものだ。

図表参考:https://backlog.com/ja/git-tutorial/ – サル先生のGit入門

「Project」機能

「Project」機能では、GitHubのリポジトリ上でさまざまな作業を管理できます。Projectsを使用して「ソフトウェア開発に関連するタスクの管理」を行えば、「今どのようなタスクが進行しているのか」「そのタスクが今どのような状態にあるのか」などを把握することができます。Projectsの機能は「プロジェクト」「カラム」「カード」の3つの要素で構成されます。

https://kirimin.hatenablog.com/entry/2018/04/14/214348 – 個人のTODOタスク管理をGitHubリポジトリに移行してみたらかなり便利な気がした

GitHubを利用した卒研入門

演習プロジェクトを管理

GitHubを利用した卒研

研究論文執筆を参照