Decentralized Network

モチベーション

「個人書斎」ノート

情報の個人化とソーシャル・メディア、IoT 、クラウド の連携を研究。ユビキタス・パーソナル・スタディ(UPS)という理想な個人空間を提唱し、ユビキタス「個人書斎」に情報を集中して、いつでも、どこでも情報の共有、推薦できる環境を構築することが目的とする。UPSは分散型ノードです。UPSはネットワークを介して相互に自由に接続でき、新しい分散型ソーシャルネットワークを形成できる。

 

「スマートホーム」ノート

Home Assistantは、様々なメーカーのいろいろな製品を直接操作(クラウド経由での操作もありますが)する統一的ホームオートメーションを実現する「おうちサーバ」のオープンソースソフトウェアです。

国際会議CyberSciTech2019に高齢者の生活支援のための分散型「ユビキタスセンシングヘルスケア」システム研究について発表しました。

Home Assistantのような「おうちサーバ」、「ユビキタスセンシングヘルスケア」システムも個人情報を集中するユビキタス空間「個人書斎」とみなすことができます。

「車載個人空間」ノート

車載ネットワークにおいて、車はモバイル個人空間に言える、既に車載ネットワークに多い場合百個くらいのユニットが搭載で運転情報を処理し、快適ためのマルチメディア系ユニットも増えている。そのモバイル個人空間にS-UPSユニットを車載ネットワークに繋げ、実世界とデジタル空間とのシームレスな融合に大きな力が発揮できると思う。

 

分散型ノードのネットワークの形成

個人の「個人書斎」ノート、「スマートホーム」ノート、「車載個人空間」ノートを繋げ、さらに友人のノートへ繋ぎ、分散型ノードのネットワークの形成するとさらに威力が発揮します。

従来の集中型ではなく、分散型ノードのネットワークまた沢山のチャレンジが待ち構えでいます。

UPS-XSNS構想

さまざまなWeb標準 RDFおよびFOAFと共に使用し、WordPressで分散型「個人書斎」ノードのネットワークの形成を試みました。

ブロックチェン

ブロックチェーンとは、一般に、「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とされています。データの破壊・改ざんが極めて困難なこと、障害によって停止する可能性が低いシステムが容易に実現可能等の特徴を持つことから、銀行業務・システムに大きな変革をもたらす可能性を秘めています。

ブロックチェーンは上述のとおりの特長があることから、銀行業務・システムに大きな変革をもたらす可能性を秘めていますが、集中管理型システムと比較して運用・管理の当事者が増加するため運用・ガバナンスが複雑となること、改ざんが困難なことに起因して一度ブロックチェーン上に配置したプログラムは変更できないこと、高いセキュリティを維持しながら大量のデータを高速で処理することが現状では困難なこと等、現在のブロックチェーン技術においては考慮が必要な事項が存在します。

Solidプロジェクト

Webの父であるTim Berners-LeeもMIT Technology Reviewで以下のように述べており、本来の目標とする姿を実現するためにSolidというプロジェクトをはじめました。

「Solid」はGoogleやFacebookなどによってWebが中央集権化してしまっていることを懸念して、Webを再分散化することを目標に立ち上がったプロジェクトです。

Solidを使えば、すべてのユーザーは「パーソナル・オンライン・データ・ストア(POD)」を持つことが可能。PODは連絡帳、To-Doリスト、カレンダー、音楽ライブラリ、そのほか個人あるいは専門ツールを持つことになる。PODのユニークな点は、データの保存場所や「誰がどのような情報にアクセスするか」が完全にユーザーの手に委ねられるところで、許可を与えれば家族や同僚が自分の持つデータを他の誰かと共有することが可能になるほか、1つのデータを異なるアプリで同時に見ることも可能になります。

このやり方と従来のウェブまたは携帯電話アプリとの違いは、誰がこうした情報にアクセスできるかを決めるのはユーザー自身であるということだ。アプリケーションの所有者はユーザーに対して許可を求め、かつユーザーはどのような条件下で許可を与えるのかを明確にしなければならない。

Web3.0

私達は今大きなテクノロジーの進化の過程の中にいるといって良いと思います。インターネット、Web、Web2.0、モバイル、ブロックチェーン・AI、Web3.0。ブロックチェーンは独立したテクノロジーではなく、Webの進化にあたり欠かせないコンポネントとなるでしょう。そして、ブロックチェーンによってユーザー中心の新しいWebであるWeb3.0が実現する可能性が高いです。

Web3.0は一般的にDecentralized Webと呼ばれています。この動きは特に真新しいものではなく、Webの開発当時からその思想は包括されていたようです。