Category Archives: Arduino 101 and MIT App Inventor

MIT App Inventor helps people around the world build mobile apps that can make a difference for their families, schools, and communities— even if they’ve never programmed before. MIT App Inventor now brings that same power and simplicity of app creation to the Internet of Things (IoT) and the universe of connected devices.

Arduino 101 (5) Inclinometer

人間のアナログ信号ピエゾ、光電方式で取得、AD変換などでデジタル化して、いろいろ悩んでいるところ、なぜかESP8266は繋ぐと、高い確率でPC再起動を起こされて、原因不明のまましばらく進展がなし、時間が無駄にし、焦る一方。

安定して動くUNO、NANOを触る時間が増えた。

なぜArduino 101

Arduino 101は傾斜度センサー装着、いつか二輪車を作ると考えているが、行動に移れないまま。

たまたまArduino 101で 傾斜計を作る記事を見て試したくなった。たまたまMulti Function Shieldも持っている。必要ものが全部そろう。試す気になった。

制作

Multi Function ShieldをArduino 101に刺し、参考のプログラムそのまま動く。うれしい。温度も測れる。

平面では0と表示。

傾斜計とした動作するビデオ

 

参考

  • https://www.hackster.io/lagsilva/simple-inclinometer-with-arduino-ef4fc2

Arduino 101 (4) LED on/off

Lちか

締めに、App Inventor + IoT: LEDを参考して、Android のアプリから、Lちかをやる。

http://iot.appinventor.mit.edu/#/arduino101/arduinoled

LED接続

LEDをD5に接続してください

Arduinoプログラム

ARDUINO (2) INSTALLのArduinoのプログラムを修正する。

先頭の定義部分に、LED を ENABLEDに、その他全てを
DISABLEDにセットしてください

スクリーンショット 2017-09-04 15.38.13

App Inventorプログラム

Arduino (3) BluetoothのIoT_BaseConnectプログラムに、LED操作する部品とプログラムを追加する。

http://iot.appinventor.mit.edu/assets/resources/edu.mit.appinventor.iot.arduino101.aix

スクリーンショット 2017-09-04 16.47.06

スクリーンショット 2017-09-04 16.58.15

アプリのLED On/Off テスト

 

Arduino 101 (3) Bluetooth

Bluetooth連携する環境のセットアップ

次に、App Inventor + IoT: Basic Bluetooth Connection Setup を参考して、Arduino 101とApp InventorをBluetooth通して連携する環境のセットアップ。

プロジェクト新規作成

http://ai2.appinventor.mit.edu/を開いて、BasicIoTSetupというプロジェクトを新規作成してください。

BluetoothLE extensionをインストールする必要があり、edu.mit.appinventor.ble.aixをダウンロードし、Paletteの底に、Import extensionから、インポートしてください。

スクリーンショット 2017-09-04 15.49.06

画面デザイン

下記の様式を参考して、部品を並べてください。

底のBluetoothLE extensionは、先ほどインポートしたもの。

スクリーンショット 2017-09-04 15.45.10

ブロックエディタ

スクリーンショット 2017-09-04 15.57.02

アプリのBT接続テスト

Arduino 101 (2) Install

Arduino IDEのインストール

まず App Inventor + IoT: Setting Up Your Arduinoを参考して、セットアップを進める。

Arduino IDEのインストール

Arduino IDEがまたインストールしてないの場合、普通に、Arduino IDEのインストールする。

以下URLから、ArduinoのウェブサイトからIDEをダウンロードして、インストールする

https://www.arduino.cc/en/Main/Software

App Inventorと連携するファイル

AIM-for-Things-Arduino101.inoをダウンロードし、解凍して、Arduino IDEで開いてください。

次は、ライブラリを追加する。

“DHT-sensor-library”ライブラリの追加

スクリーンショット 2017-09-04 15.21.34

“Adafruit Unified Sensor”ライブラリの追加

スクリーンショット 2017-09-04 15.24.15

”Grove LCD RGB Backlight”の追加

Grove LCD RGB Backlightをダウンロードして、Sketch > Include Library > Add .ZIP Library順に追加する

“Grove LCD”で検索して、インストールしたことを確認

スクリーンショット 2017-09-04 15.28.01

101ボードの選択

ボード一覧に”Arduino/Genuino 101″あれば選択して、なければ、ボードマネージャを開き、101を検索してください。

“Intel Curie Board by Intel”を見つけ、インストールしてください。

スクリーンショット 2017-09-04 15.33.31

Portの選択

/dev/cu.usbmodem…らしいものを選択する

スクリーンショット 2017-09-04 15.36.06

ここで、右矢印➡️を押して、プログラムをArduinoボードに書き込み、実行してみてください。

Arduino 101 (1) About Arduino 101

App Inventor IoT の発表に伴い、実験しながら体験する予定。

対応機種は今現在Arduino 101とBBC micro:bitしかない。BBC micro:bitについて、あまり聞いたことがない、イギリスの小学校では無料配布らしい。早速Arduino 101を注文から始まる。

Arduino 101

Genuino 101(米国ではArduino 101)は、米国のArduino LLCがインテルと共同で設計した、Intel Curie搭載のマイコンボードです。Arduino Uno R3と同じ形状の基板ですが、BLE(Bluetooth Low Energy)に対応し、3軸加速度センサ・3軸ジャイロセンサを搭載しています。

Arduino 101とApp Inventor連携する環境

Arduino 101とApp Inventor一緒にすると、いろいろIoT実験ができる。

次は3回分けて、Arduino IDEのインストール、Arduino 101とApp InventorをBluetoothで連携する、そしてLちかを行う。

予習参考:

App Inventor + IoT Setup tutorial