Daily Archives: June 7, 2019

Python for Ubuntu

Published by:

pyenvの環境構築

pyenvは、複数のPythonのバージョンを管理できるコマンドラインツール、特定バージョンしか正しく動かないて、環境構築に苦労することは、コレて解決!

まず必要なパッケージをインストールする必要。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install -y git build-essential libssl-dev language-pack-id

pyenvのレポジトリから、ホームディレクトリ下の.pyenvディレクトリにクローン。

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

こうすることで、$HOME/.pyenvにレポジトリがクローンされる。

では、次にpyenvに必要な環境変数を設定していきましょう。今後もシェルの起動時に環境変数が設定されるように~/.bash_profile~/.bashrc * などのシェルの設定ファイルに以下のコマンドで変数定義のコードを追加。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc

* シェルの環境がbashではなく、zshであれば~/.zshrcなど環境に合わせて設定ファイルが違うので注意しましょう。

設定ファイルを再読込するためにも、シェルを再起動。

$ exec $SHELL

関連記事

  • http://ups.edu2web.com/2018/10/18/caffe1-install/
  • http://ups.edu2web.com/2018/10/20/tensorflow1-install/

Python Hello, World!

Published by:

VS Code install

  1. ウェブページを開く
    https://code.visualstudio.com/ 
  2. Visual Studio Code」の「 ダウンロード」をクリック.※ Linux 版, Mac 版が欲しいときは「さらに詳しく」をクリック
  3. ダウンロードした .exeファイルを実行する.

Pythonスクリプトを書いてみる

  1. Documentsの下にPythonというフォルダを作る。
  2. VS Codeのメニューから「フォルダを開く」を選択し、1で作成したフォルダを指定する。
  3. 同じくメニューから「新規ファイル」を選択し、hello.pyなどのファイル名を付ける。拡張子から自動的にpythonスクリプトと認識される。
  4. VS Codeから、勧めExtensionsが表示され、好みでインストールする。
  5. 何か適当なコードを書く。
hello.py
if True:
    print('Hello world')
  1. VS Codeのターミナル(開いてなければメニューから「新規ターミナル」を開き)で実行する。
ターミナル
/Users/chen/Documents/C >  python hello.py
Hello world

これで最低限、pythonを快適に編集できるようになった。

 

RPi : Install Python

Published by:

既存Pythonの確認

最新版の「Raspberry Pi OS」でSDを作成した場合、比較的に新しいバージョンのPythonがすでにインストールしている場合がある。

pi@raspberrypi:~ $ python -V
Python 2.7.16
pi@raspberrypi:~ $ python3 -V
Python 3.7.3
pi@raspberrypi:~ $ pip -V
pip 18.1 from /usr/lib/python2.7/dist-packages/pip (python 2.7)
pi@raspberrypi:~ $ pip3 -V
pip 18.1 from /usr/lib/python3/dist-packages/pip (python 3.7)
pi@raspberrypi:~ $

 

 

インストール

使いのSDに、Pythonがインストールしていない場合、次のコマンドでインストールしてください。

cd /home
sudo apt-get update
sudo apt-get install python-pip python-dev build-essential

関連記事

  • http://ups.edu2web.com/2018/11/13/pi-machine-learning-1-setup/
  • http://ups.edu2web.com/2018/10/21/scikit-learn1-install/
  • https://digilib.edu2web.com/2017/05/19/raspberry-pi-6-nokia-5110-lcd/
  • https://digilib.edu2web.com/2018/09/18/raspberry-pi-9-waveshare-2-13inch-e-paper-hat/

 

Python for MacOS

Published by:

Macでは標準でPythonがインストールされています。ですが、標準でインストールされているPythonは、ややバージョンが古い、という問題があります。

HomebrewはMacOS環境におけるいわゆるデファクトスタンダードなパッケージマネージャです。これを利用して、Pythonとその関連パッケージを導入します。

 

Mac標準のPython

ChenLab-Mac-Urania:~ chen$ which python3
/usr/local/bin/python3
ChenLab-Mac-Urania:~ chen$ which python2
/usr/local/bin/python2
ChenLab-Mac-Urania:~ chen$ python3 -V
Python 3.6.5
ChenLab-Mac-Urania:~ chen$ python2 -V
Python 2.7.15
ChenLab-Mac-Urania:~ chen$

 

Homebrew導入

もしHomebrew導入されてない場合は、下記のコマンドで導入

/usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

ChenLab-Mac-Urania:~ chen$ brew -v
Homebrew 1.5.10

既存のHomebrewが古い場合、アップグレードしましよう。

chen@Hongs-MacBook-Pro ~ % brew upgrade
Updating Homebrew…

 

Homebrew Pythonの導入

以前は python3 と明示的に指定する必要がありましたが、現在はデフォルトで3系がインストールされるようです.

brew infoコマンドでインストール可能なバージョンを確認します。

chen@Hong-Mac-mini hello_ghome % brew info python
python@3.8: stable 3.8.3 (bottled)
Interpreted, interactive, object-oriented programming language
https://www.python.org/
/usr/local/Cellar/python@3.8/3.8.3_1 (4,125 files, 63MB) *
Poured from bottle on 2020-07-09 at 11:36:27
From: https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/HEAD/Formula/python@3.8.rb
==> Dependencies
Build: pkg-config ✘
Required: gdbm ✔, openssl@1.1 ✔, readline ✔, sqlite ✔, xz ✔
==> Caveats
Python has been installed as
/usr/local/opt/python@3.8/bin/python3

You can install Python packages with
/usr/local/opt/python@3.8/bin/pip3 install <package>
They will install into the site-package directory
/usr/local/opt/python@3.8/Frameworks/Python.framework/Versions/3.8/lib/python3.8/site-packages

See: https://docs.brew.sh/Homebrew-and-Python
==> Analytics
install: 415,025 (30 days), 1,198,987 (90 days), 1,801,903 (365 days)
install-on-request: 25,795 (30 days), 47,917 (90 days), 72,108 (365 days)
build-error: 0 (30 days)

インストール方法:

chen@Hong-Mac-mini hello_ghome % brew install python

Homebrewインストール先のプログラムを利用するため、PATHを通す。

次のPATHを.zshrcに追加する
export PATH="/usr/local/opt/python/libexec/bin:$PATH"

chen@Hong-Mac-mini ~ % vi .zshrc
chen@Hong-Mac-mini ~ % source .zshrc
chen@Hong-Mac-mini ~ % python -V
Python 3.8.3
chen@Hong-Mac-mini ~ %

これてBrewのPythonは機能した

chen@Hong-Mac-mini Python % python3 -V
Python 3.7.3

chen@Hong-Mac-mini ~ % python2 -V
Python 2.7.16
chen@Hong-Mac-mini ~ %

つまり現在3つpython存在する。Mac標準のPython二つと、Homebrew Python一つ。

Homebrewで導入するPython関連は、Homebrew Pythonを利用する。

 

Homebrew Pythonのアップグレード

すでにHomebrewでPythonを導入されている場合、現在バージョンを確認。

chen@hongs-mbp workspace % python3 -V
Python 3.7.0

もしアップグレード必要がある場合:

chen@hongs-mbp workspace % brew upgrade python3
chen@hongs-mbp ~ % python -V
Python 3.7.3

これて環境準備OK.

Homebrew OpenCVの導入

続いて、opencvの導入

chen@Hong-Mac-mini Python % brew install opencv
Updating Homebrew…

沢山のメッセージが流れ、終わったらしい。

インストールしたものを確認。

最近知ったのですが、モジュールのインストールの確認だけであれば、わざわざインタラクティブシェルを起動しなくても、以下のようなコマンドで問題無いようです。

chen@Hong-Mac-mini ~ % python -c ‘import cv2’
chen@Hong-Mac-mini ~ %

 

Jupyter Notebookのインストール

chen@Hong-Mac-mini hello_ghome % pip3 install jupyter

jupyter notebookを実行したディレクトリがHome画面になるので、任意の場所にmkdirでディレクトリを作成し、当該ディレクトリに移動してからjupyter notebookを実行すると、他のファイルと混ざらずに良いでしょう。

chen@Hong-Mac-mini hello_ghome % jupyter notebook    

 

関連記事:

  • https://qiita.com/niwasawa/items/03b1496dbb360ca157e0 — OpenCV 4.3 + Python で Hello World と顔検出

Python for Windows

Published by:

Pythonのインストール方法はたくさんあり、公式サイトからのダウンロードする、OS付属のパッケージを利用、そしてpyenvやAnaconda等パッケージを利用する。

Pythonを単体でインストール

  1. Python.orgのダウンロードページからPython 3系の最新バイナリ(今回は3.7.1)をダウンロード
    Windowsインストーラー版なら、pipも一緒に入る。
  2. インストール時にPATHを追加してしまうと楽。
    最初の画面で、「Add Python 3.7 To Path」を選択しておくと、pythonコマンドにpathが通る。
  3. インストーラーの最後に、Windows 10から260文字のファイルパス長の上限を解除できるようになったので、それを解除(Disable path length limit)するか聞かれ、長いファイルパスになりうるか必要に応じて解除してください。

複数バージョンのPythonを同居

pyenv

Anaconda