ESP32 (1) Setup & Blink

 ESP32とは

ESP32は低コスト、低消費電力のSoCコントローラー。最大な特徴は何と言ってもWifiとBluetoothが内蔵していること。

対象デバイス

このシリーズに対象となるデバイス

「WeMos D1 R32」

Arduino Uno R3 コンパチブルタイプ。類似のボードで、ESPDUINO-32 というものがある。ARDUINO IDEはボード設定はボードマネージャーに用意されていた「ESP32 Dev Module」でストレートに使用。

「DOIT ESP32 DEVKIT V1」

このボードは、普通のブレッドボードでは、1列が空くのみ不便だ。2枚を併用、専用アダプタを利用など必要。またEN(RESET)/BOOTの操作にご注意ください。スケッチをアップロードする前にENボタンを押しっぱなしにしてARDUINO IDE の書き込みボタンを押す。”Connecting”メッセージが現れたら、押していたENボタンを離して、BOOTボタンを押しっぱなしにする。書き込みが始まったのを確認したら、BOOTボタンを離してください。

ボードマネージャーに用意されていた「DOIT ESP32 DEVKIT V1」を使用。

「NodeMcu-32S」

NodeMcu-32SはNodeMcuのサイズに合わせた、ESP32開発ボード。普通のブレッドボードでも、2列が空くので便利だ。

ボードマネージャーに用意されていた「NodeMcu-32S」を使用。

USB-UARTドライバのインストール

Silicon Labsの以下のURLからドライバをダウンロード
USB – UART ブリッジ VCP ドライバ|Silicon Labs
ドライバをインストールしたら、シリアルポート(Port): /dev/cu.SLAB_USBtoUART が現れる。

Board ManagerにESP32追加

つい最近(20180728), ESP32 用 Arduino 開発環境 Arduino core for ESP32 WiFi chip の初の安定版 1.0.0 がリリース。インストールする際に, コマンドラインで色々する必要はなく Arduino IDE のメニューからインストールできるようになる。

https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

Lチカのプログラム

ESP32-DevKitC を USB ケーブルで PC と接続.

Arduino IDE のメニューから  Tools – Port – /dev/cu.SLAB_USBtoUART を選択(Mac OS Xの場合).

一番単純そうなサンプルスケッチを実行する. メニューから File – Examples – (Examples for ESP32 Dev Module) – ESP32 – ChipID – GetChipID を選択.

Lチカ用内蔵LEDがGPIO2にあるが、GPIO4に外付けLEDを繋いでやった。

プログラム

void setup() {
  pinMode(4, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(4, HIGH);
  delay(250);
  digitalWrite(4, LOW);
  delay(250);
}

 

 

参考

  1. https://qiita.com/Guwashi/items/1009faab2d3db24d80d5
  2. https://kokensha.xyz/iot/mac-esp32-and-arduino-led/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *