Wemos (d4) WiFi sniffing

最近力を入れる所は、WiFi sniffingという技術。

WiFi sniffingとは

ーーーーここからは中国語ーーーー

那么什么是snffer呢?sniffer可以翻译为混杂模式,ESP8266可以进入该模式,接收空中的 IEEE802.11 包。SDK主要提供的接口有:

接口 说明
wifi_promiscuous_enable 开启混杂模式
wifi_promiscuous_set_mac 设置 sniffer 模式时的 MAC 地址过滤
wifi_set_promiscuous_rx_cb 注册混杂模式下的接收数据回调函数,每收到一包数据,都会进入注册的回调函数。
wifi_get_channel 获取信道号
wifi_set_channel 设置信道号,用于混杂模式

ーーーーここまでは中国語ーーーー

応用例として、Amazon bottonをIoT bottonに改造する。そのカギは、このWiFi sniffing技術。Amazon bottonから出るWiFi信号をキャッチし、botton押されたとわかった。

IoT-Cloud-Mobile Kitの対応

推進するIoT-Cloud-Mobile Kitもそれに対応すべく、しばらくsniffingとPOSTの共存、メモリの制限などと格闘して、何度も諦めかけて、遂に安定して動作するようになった。

(IoT-Cloud-Mobile Kit)ブレッドボード

Wemosが周りのMAC addressとRSSIは取得でき、TinyWebDB-APIでクラウドに蓄積できた。

開発ボードの試作

ただブレッドボードは長時間運用はやはり不安定、下記の開発ボードも試作した。

(IoT-Cloud-Mobile Kit)開発ボード(5×7)

WiFi sniffing小型化

さらに小型化して、OLEDも省略して(コンセントが保留して接続は可能)、基盤に状態を表示するRGBのLEDを増設。

(IoT-Cloud-Mobile Kit)開発ボード(3×7)

透明ケースに入れて、試験する様子。

(IoT-Cloud-Mobile Kit)開発ボード(3×7 inside case)

さらに室内位置情報

蓄積されたMAC addressとRSSIは、出席確認などに活用でき、室内位置情報(Indoor Positioning)のシステムも作りたいね。

参考

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *