Webduino (1) Setup

About Webduino Smart

Webduino Smartとは、Web + Arduinoの意味合いをもち、ブラウザプログラミングができるESP8266モジュール。

https://webduino.io/

外形はESP8266でできたWemosと似ている、ただ基板の裏面は3色LED」と「明度センサー」が付いている。

Webduino Smart Wi-Fi Setup

このリンク先Webduino Smart Wi-Fi Setupを参考しながら進み。

まずはmicroUSBケーブルをさして電源を入れる。青LEDが点灯し、また裏面の3色LEDは赤点灯する。

この状態で、Webduino SmartはAPモードになる。

スマホなどからWiFi APを検索すると「Smart」というAPがいるので、そこに接続する。接続パスワードは「12345678」。

接続したらブラウザから「http://192.168.4.1」にアクセス。WiFi SSID/WiFI PWDは、自宅などのWiFI APを指定。また、Device IDは識別できるようなものを指定。「SUBMIT」ボタンをクリックし、変更を反映したら、電源を抜く。

電源を入れ直すと、裏面の3色LEDは、赤点灯したあと、一瞬緑点灯し、消灯する。

この状態で、自宅WiFI APに接続された状態となる。

Webdiunoに割り当てられたIPアドレスを確認するには、スマホなどでWiFi AP検索する。

上記の様に「Smart_<IPアドレス>」という形でIPアドレスが表示されるので確認する。

まずは動作確認として、パソコンから「http://<IPアドレス>」にアクセスできることを確認。

表示画面は、APモードでブラウザから「http://192.168.4.1」にアクセスする際と同じです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *