Arduino 101 (1) Guidance

App Inventor IoT の発表に伴い、実験しながら体験する予定。

対応機種は今現在Arduino 101とBBC micro:bitしかない。BBC micro:bitについて、あまり聞いたことがない、イギリスの小学校では無料配布らしい。早速Arduino 101を注文から始まる。

Arduino とは

Arduino(アルドゥイーノ[1])は、AVRマイコン入出力ポートを備えた基板、C++風のArduino言語とそれの統合開発環境から構成されるシステム。Arduino LLC および Arduino SRL が設計・製造を行い、登録商標を持っている。

Arduino 101

Genuino 101(米国ではArduino 101)は、米国のArduino LLCがインテルと共同で設計した、Intel Curie搭載のマイコンボードです。Arduino Uno R3と同じ形状の基板ですが、BLE(Bluetooth Low Energy)に対応し、3軸加速度センサ・3軸ジャイロセンサを搭載しています。

Arduino 101とApp Inventor連携する環境

Arduino 101とApp Inventor一緒にすると、いろいろIoT実験ができる。

その前に、Arduino 101とApp Inventor連携する環境のセットアップする必要。

Arduino IDEのインストール

まず App Inventor + IoT: Setting Up Your Arduinoを参考して、セットアップを進める。

 

Bluetooth連携する環境のセットアップ

次に、App Inventor + IoT: Basic Bluetooth Connection Setup を参考して、Arduino 101とApp InventorをBluetooth通して連携する環境のセットアップ。

Lちか

締めに、App Inventor + IoT: LEDを参考して、Android のアプリから、Lちかをやる。

http://iot.appinventor.mit.edu/#/arduino101/arduinoled

 

参考:

App Inventor + IoT Setup tutorial

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *