PIXEL (3) Screen resolution

PIXEL (Raspberry OS)は、USBメモリに書き込んで、古いi386のPCでも活用でするもの。

静音PCでPIXELを動かすと、800×600の解像度になってしまう。ちと狭い。変更する方法はあるのかな…。

_PIXEL for PC and Mac – Raspberry Pi のコメント欄で、xrandr とやらを使って解像度を変更する例が紹介されてる。

sudo xrandr --output Virtual1 --mode 1024x768

上記のように打ってみたら、エラーになり、困った。

pi@raspberrypi:~ $ sudo xrandr --output Virtual1 --mode 1024x768
warning: output Virtual1 not found; ignoring

なぜだろう!試しに引数なしでコマンド送ったら、ステータスとオプションが表示してくれた。

pi@raspberrypi:~ $ sudo xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 640 x 480, maximum 2048 x 2048
LVDS1 connected 640x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
640x480 63.10*+ 59.94
VGA1 connected 640x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 338mm x 270mm
1280x1024 60.02 + 75.02
1024x768 75.08 70.07 60.00
800x600 72.19 75.00 60.32
640x480 75.00 72.81 60.00*
720x400 70.08

これて、output を推測し、下記のコマンドを送る。

pi@raspberrypi:~ $ sudo xrandr --output VGA1 --mode 1024x768

解像度が変更できた。

これでは次回起動時にはまた元に戻ってしまって。さて、どうしたら…。

更に arandr なるツールをインストールしたらGUIでも解像度を変更でき;~/.config/autostart/ に.desktopファイルを置くと、Xセッション起動時に自動起動が走るらしいので、時間があったらまた試してみる。

 

Arduino 101 (1) Guidance

App Inventor IoT の発表に伴い、実験しながら体験する予定。

対応機種は今現在Arduino 101とBBC micro:bitしかない。BBC micro:bitについて、あまり聞いたことがない、イギリスの小学校では無料配布らしい。早速Arduino 101を注文から始まる。

Arduino とは

Arduino(アルドゥイーノ[1])は、AVRマイコン入出力ポートを備えた基板、C++風のArduino言語とそれの統合開発環境から構成されるシステム。Arduino LLC および Arduino SRL が設計・製造を行い、登録商標を持っている。

純正の基板

安定して製品、値段は少々高額になり。

  • Arduino UNO
  • Arduino NANO
  • Arduino 101

互換基板

一部純正同じ名前、外観も類似のものがある。USBドライバインストール必要。値段は安い、WiFi内臓など機能が豊富。

  • Arduino UNO (CH340)
  • Arduino NANO(CH340)
  • ESP8266 ESP-WROOM-02
  • ESP8266 NodeMcu
  • ESP8266 Wemos

Arduino 101

Genuino 101(米国ではArduino 101)は、米国のArduino LLCがインテルと共同で設計した、Intel Curie搭載のマイコンボードです。Arduino Uno R3と同じ形状の基板ですが、BLE(Bluetooth Low Energy)に対応し、3軸加速度センサ・3軸ジャイロセンサを搭載しています。

Arduino 101とApp Inventor連携する環境

Arduino 101とApp Inventor一緒にすると、いろいろIoT実験ができる。

次は3回分けて、Arduino IDEのインストール、Arduino 101とApp InventorをBluetoothで連携する、そしてLちかを行う。

予習参考:

App Inventor + IoT Setup tutorial